So-net無料ブログ作成
検索選択

アルジェリア誘拐事件―安倍政権に追い風続く? [政治]

アルジェリアの邦人拘束事件。
未だ詳報は不明であるが、心配な話だ。

今回テロリストによってよくわからない状況で誘拐が
起こったわけであるが、選挙前石原維新の会代表が語っていた
状況が早々に起こってしまった。
「日本人が連れ去られて救出にも行けない。馬鹿な話だ」
という主旨の発言だ。

誘拐の構図が政府X反政府ならば政府軍が交渉の窓口となるだろう。
政府Xドメスティックなテロ組織でも同じことだろう。
しかし今回は隣の国が戦乱でごちゃごちゃになった上、フランス空軍の爆撃介入
への復讐だと言うのだから、自国が動かずして誰に頼めというのだろう?
アルジェリア当局は警備警察上の問題以外に責務はないし、捜査は
するだろうけど軍介入となると国家対国際テロリストが対峙する構図になってしまう。
爆撃の責任者フランス軍は爆撃の正当性を主張するから当然責任なんて認めない。
救出作戦は協力するだろうけど、優先順位は仏人→それ以外になるのは当たり前。
同等に扱ってもらい救出したければ派兵しかない。
憲法改正はともかく、集団自衛権、戦闘状態の海外への自衛隊派遣を特別法でも
何でも決めなければならなくなった。石原代表が心配していたことは北朝鮮ではなくアフリカ
で起こったわけだけれども。

社民党と共産党は何というのだろう。基地問題や米軍追放を謳いながら
外交ルートの解決、他国軍との協力と彼らが呼ぶ「アメリカ軍特殊部隊の急襲」
を発注するのだろうか。

人間万事塞翁が馬。
被害者の方には失礼な物言いだし、心配な事件ではあるが、実績は安倍政権の追い風になりそうだ。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。