So-net無料ブログ作成
検索選択

政党の選び方 [政治]

色々とごちゃごちゃと思いを書いていますが、
政治を決めるのはわたしでありあなた。

悪い政権や法案が出来てしまうことは多々あります。

投票を失敗した、と思っても
「騙しやがって。もう死ぬまであいつらに投票しない」
と覚えることができます。

悪法が出来れば出来たで、主に法律を誰が作って誰が通そうとしたかを覚えておくと
「これでも食らえ」
と他党に投票し恨みを晴らしたりできます。

また、悪政・悪法は根に持つべきで、
「あいつが居る党なんて誰が入れるか」
と政治家生命をじわじわと将来追い込むこともできるのです。

私は悪法について特に根に持つことにしています。
悪法は政党を映す鏡です。
私見ではありますが、金融円滑化法や郵政非改革などは
本当にひどいものです。社会の進化を遅らせる悪法です。
だから日本版サブプライムローンを同じように実現しようとしている国民新党は絶対支持しません。

電力料金の算出に関する法、原子力に関する法も自民党時代の法です。
だから、電力会社由来の自民党にも投票できないのです。
今回の消費税増税についても、社会保障のことや所得税との関係や、わけのわからない
消費に関わる減税、消費税の未納問題、自動車税の不公平軽減、税理士たちの税逃れ指南など
を全く無視している点で支持できない。
(消費税自体を否定するのではありません。)だから、勲章ほしさに与野党合意した
民主党や公明党にも入れない。

だれに投票したらいいかわからない、という方、
自分に不利益なことをした人を覚えておけばかなり純化出来ますよ。
私はそうしています。

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。